北見が舞台のあの漫画がついに最終巻❣

おっ!と、ほっ!と、来てみてもっと!


オホーツク田舎ブログ



月曜日担当 はしっ子です🐻





先日、ついに発売されました!



北見市を舞台に繰り広げられている青春漫画

「ひとりぼっちで恋してみた」 4巻




ついに最終巻が発売されました~!!



(発売された日から少々経ってしまいましたが💦)






20210215215123690.jpg



なんだか展開が予測できないこちらの漫画、


ついに最終巻、いったいどんなストーリーで終結するのか、

とっても気になるところです。


主人公のあーりんは危なっかしさがあるので、

なんだかこちらもハラハラしながら読ませて頂きました🌸




いきなり表紙の帯から


「愛は宿命。
私たちは、ひとりぼっちにはなれないんだ。」





深いです・・・!


まだ最終巻開いていないけど、なんだかとても深い話になっていそう・・・!



読むのが楽しみ♪♪



そして、読み進めたところ、


最後のページを見て漫画を閉じ、「フ―ッ」と息を吐きました。



うん、帯の通り!深い!



本当に、私たちは一人ぼっちにはなれないんですよね。



なろうと思っても、簡単にはなれない。

どこかでつながっている。



つながっているからこそ、感じられること、

できることがある。



そんなメッセージが伝わってきました☆




あーりん、ずっと危なっかしかったけど、

いいこと言うなぁ~~!!(笑)




強くなったな、がんばったね。



そんな気持ちに温かくなる作品でした☺



北海道北見市の情景を感じるのに、
等身大の青春漫画を読むのに、

私にとってもおすすめの一冊となりました。



北見市を発信する漫画がついに終結!

4巻まで田川とまた先生、走り切りました~!!

心がじんわりぽかぽかする素敵な作品をありがとうございました💛






最近といえば、

最近はバレンタインデーがありましたね~♡



今年は、まさかの女友達からフライングで頂きましたので、


とっても嬉しい気持ちになりました✨



しかも!


地元では最近人気のお店のチョコではないですか・・・!!!!



20210215215329717.jpg




2020年に開店された


北海道訓子府町のカガミ菓子店



色んな人の口から
「あそこのケーキもお菓子もおいしいよ!!」


と聞いていたので、とっても気になっていたのですが、


北見市と訓子府町は隣町、

車で30分位はかかります・・・



ということで、なかなか足を運べずにおりました🚙



そんなところで戴いた

こちらのチョコクッキー♡


20210215215343051.jpg




キレイ~✨


お花が素敵すぎる~!!!



女子力の自信のない私も、
これはこれは心ときめきます♥



そして、ミルクチョコレートに
サクサクのクッキー生地、



あっこれ、好きなタイプのお菓子だ~!!


とテンションあがりっぱなしでした🌸



何やらケーキがおすすめだと何人もの方からお話を聞いているので、

そして開店して早い時間に行かないとなくなってしまうとのことでしたので、



チャンスをねらっていきたいと思います💛




みなさんもぜひ!


それでは本日はこのあたりで、

またお会いしましょう~!(^^)!






よろしければ「道東情報」バナーを1日一回応援ぽちっと💛
オホーツクからも日本を元気に!!北見7(セブン)メンバー、やる気満々はりきります。

にほんブログ村


この記事へのコメント

  • 4あほ

    発売日(1月7日)にすぐ買ったけどぉ、うちらはまだビニール剥いでないですぅ。
    うんうん、ここで「あらすじ」載ってなくてよかったですぅ…。
    まだもうちっと、「ぬかどこ?」につけて熟成させますぅ…。
    田川とまた大先生におかれましては、少年〇報社の「ヤ〇グキ〇グBull」に読み切り書いてあったけど、
    立ち読みできなかったから、「どうか第4巻に出版社の垣根ばぁ超えて『読み切り』載ってるように…ぱんぱん!」
    と柏手打って、「ぬかどこ?」につけてるですぅ…。
    ・・・〇報社は読み切りだけので単行本出さないですぅ…みならいかのん

    北見北陵高校の「あ~りん」のお話は終わっちゃったのんすが、
    北見北稜高校の「ふゆみな」のお話はまだゆるゆるまったりと迷走しながら続くっす。
    「別に北見が舞台でなくてもいいんでねぇ?つまらん!」とかいうどっかのマンガマニアの誹謗中傷もあるみたいっすが、
    うちらは「北海道(道東)」を取り上げてくれただけども「尊い(と・う(お!)・と・い」」と思ってるんで、
    井科田海(北見SH OG?)さんには、めげずにがんばってほしいものなのっす。
    ・・・月一でいいっすから!元道東民ゆたか

    あたいはむずかしいことはよくわかんないけんども、見た感じチョコが漆黒で、
    ミルクチョコでなくって、ビターチョコみたいなのだ。あたいはこういうの大好物なんだども、
    ほかの連中は(特に年寄りは)、チョコが固くってボロボロこぼれるから、せっかくチョコクッキーなのに、
    チョコとクッキー分離して食べるのには、お行儀悪いと思っているのだ。
    ・・・ボロボロこぼすんなら一口で喰えなのだつるみん

    そうですね、あ~りん、ホントに危なっかしかったけど、犯罪にも巻き込まれず?無事…?だったのは、
    「世の中に必要でない」自分を、いつも誰かしらが見ていて、あぶなかっしいときに偶然かもしてれないけど、
    過剰でない支援が送れたからかもです。でも緋牛内のごみステで、キャバクラのおねぃさんに助けられたんは「運命」かな?
    あと、「強制的に支援・恩がえし」するんではなく、自分ができる力での施しがちょうどいいんでないのかな・ってこと。
    はじめのあ~りんは、受けた恩と対等なものを返さなければと「ダメな自分」と殊更強く思ってたけど、
    紋別や帯広を徘徊する過程で、「自分のできること」とともに気づいていったんかも…。
    ・・・第4巻は「ぬかづけ」中なんで適当なこと言いましたはじめっち
    2021年02月16日 15:40
  • オホーツク田舎ブログ 7人の精鋭達

    4あほさん

    いつもコメントありがとうございます☆

    ぬか床熟成中ですか!(笑)
    ですが、熟成中でも良いところをあたりつけられていると思います〜(^^)
    こんなに「成長」がテーマの純粋なる作品、そして地方の情景と純朴さがマッチしている漫画はなかなかない、味のある良い漫画だと思います。

    数ある漫画の中では埋もれてしまうかもしれないけど、確実に誰かの心を温めてくれる作品だと思います☆

    4あほさんのぬか床はいつ仕上がるでしょうか?
    思い立ったときが吉日です!
    また感想お待ちしていますね(^^)

    カガミ菓子店のお菓子はビターに見えますが味はミルクと感じました。(私だけかな?)

    ホロホロサクサククッキー生地で、確かに食べるときにポロポロはなるのですが、もうそこも楽しんじゃおう!全部含めてうまい!!てな感じのクッキーです。伝わりましたでしょうか?\(^o^)/

    今度はケーキを!!
    またお伝えします☆



    > 4あほさん
    >
    > 発売日(1月7日)にすぐ買ったけどぉ、うちらはまだビニール剥いでないですぅ。
    > うんうん、ここで「あらすじ」載ってなくてよかったですぅ…。
    > まだもうちっと、「ぬかどこ?」につけて熟成させますぅ…。
    > 田川とまた大先生におかれましては、少年〇報社の「ヤ〇グキ〇グBull」に読み切り書いてあったけど、
    > 立ち読みできなかったから、「どうか第4巻に出版社の垣根ばぁ超えて『読み切り』載ってるように…ぱんぱん!」
    > と柏手打って、「ぬかどこ?」につけてるですぅ…。
    > ・・・〇報社は読み切りだけので単行本出さないですぅ…みならいかのん
    >
    > 北見北陵高校の「あ~りん」のお話は終わっちゃったのんすが、
    > 北見北稜高校の「ふゆみな」のお話はまだゆるゆるまったりと迷走しながら続くっす。
    > 「別に北見が舞台でなくてもいいんでねぇ?つまらん!」とかいうどっかのマンガマニアの誹謗中傷もあるみたいっすが、
    > うちらは「北海道(道東)」を取り上げてくれただけども「尊い(と・う(お!)・と・い」」と思ってるんで、
    > 井科田海(北見SH OG?)さんには、めげずにがんばってほしいものなのっす。
    > ・・・月一でいいっすから!元道東民ゆたか
    >
    > あたいはむずかしいことはよくわかんないけんども、見た感じチョコが漆黒で、
    > ミルクチョコでなくって、ビターチョコみたいなのだ。あたいはこういうの大好物なんだども、
    > ほかの連中は(特に年寄りは)、チョコが固くってボロボロこぼれるから、せっかくチョコクッキーなのに、
    > チョコとクッキー分離して食べるのには、お行儀悪いと思っているのだ。
    > ・・・ボロボロこぼすんなら一口で喰えなのだつるみん
    >
    > そうですね、あ~りん、ホントに危なっかしかったけど、犯罪にも巻き込まれず?無事…?だったのは、
    > 「世の中に必要でない」自分を、いつも誰かしらが見ていて、あぶなかっしいときに偶然かもしてれないけど、
    > 過剰でない支援が送れたからかもです。でも緋牛内のごみステで、キャバクラのおねぃさんに助けられたんは「運命」かな?
    > あと、「強制的に支援・恩がえし」するんではなく、自分ができる力での施しがちょうどいいんでないのかな・ってこと。
    > はじめのあ~りんは、受けた恩と対等なものを返さなければと「ダメな自分」と殊更強く思ってたけど、
    > 紋別や帯広を徘徊する過程で、「自分のできること」とともに気づいていったんかも…。
    > ・・・第4巻は「ぬかづけ」中なんで適当なこと言いましたはじめっち
    >
    2021年02月21日 04:37