『五色沼』オンネトー

皆さんこんにちは、北見サイケデリックのピエです!
128910989_146212290170953_6301288898587623937_n.jpg

12月になり、さすがにカラマツの葉っぱもほとんど落ちてしまいましたね。
8月の後半、大雪山の山頂から始まった紅葉は約三ヶ月の旅を終え季節は冬へとバトンタッチです。

紅葉が終わると次は湖の結氷が始まり出します。


今日は北海道三大秘湖の一つオンネトーに行ってきました。
こないだは東雲湖に行ったばかりなので、連続秘湖巡りですね!

128660547_2809213096068256_662540640196648530_n.jpg

ちなみに東雲湖の雪景色はこんな感じです。
129033483_380834803165514_7434180782775023858_n.jpg

話をオンネトーに戻します。

オンネトーはアイヌ語で『大きな沼』という意味です。
観光案内看板には『年老いた沼』と書いてありますが、オンネとは大きいという意味なので、年老いたってのもニュアンスは合ってるのかな。

別名『五色沼』と呼ばれる事もあります。
湖に流入する水や湖底から湧き出す火山性のガス、温泉など様々な成分により場所によって水の色が違うからそう呼ばれるようになりました。
128959750_207962890940689_5968805724021661889_n.jpg

オンネトーは一番深い所で9.8メートルと比較的浅い湖なんですね。
なので結氷が早いのです!!

逆に北海道で凍らない湖は支笏湖。
支笏湖は深いんですねー、その深さは360メートル!!

なんで深さが関係してるかと言いますと、水ってのは0度で凍り始めますね。
けどその湖の水が全体的に0度になるには表面で外気に冷やされた水が重たくなって下に沈んでいき、暖かい水が上に上がってきて、また冷やされて。
という循環を繰り返して、湖の水が全体が0度に高くなった時に凍り始めるのです。
なので浅い湖は循環が早いので早く結氷するんですねー。 なるほど!!(笑)

知床五湖なんかはめちゃくちゃ浅いので水溜り並みに早く結氷しますね。
湖の深さと面積と縫合的に考えて、ここの湖はそろそろ結氷だなー、とクリスタル結氷を狙ってあちこち行くんですね。
クリスタル結氷とは湖面が完全に結氷して、雪が積もるまでの一瞬の透明な湖面の結氷のことです。
128911868_431206044555327_8590138004131827207_n.jpg

128930911_4220179088009296_9046568598139814324_n.jpg
その美しさは、静寂そのもの。

128769938_164495695378616_4242428893381770612_n.jpg

足下には湖底の景色が見れます。
2.jpg

冬の楽しみ方にも色々あるんですね。
是非遊びに来てください!


サイケデリック定休日はご希望場所でガイドやります
日頃の運動不足を自然美に感動しながら解消するのも良いですよ

この記事へのコメント