活汲アール・ブリュット美術館(津別町)

IMG_2495.JPG

またまた期日に間に合わずあとだし投稿、土曜日担当れいれいです

2018年5月「活汲(かっくみ)アール・ブリュット美術館」(北海道網走郡津別町字字活汲280番地8)が誕生しました。
IMG_2326.JPG

IMG_2345.JPG
119214203_3278963165518476_8699441093031410949_n (1).jpg

IMG_2380.JPGIMG_2369.JPG

とても小さな美術館ですが、気に入った作品と一緒に記念撮影できます

アール・ブリュットとは…
IMG_2358.JPG

IMG_2401.JPG

IMG_2408.JPG

IMG_2447.JPG

IMG_2451.JPG

美術館はとても小さいですが、ひとつひとつの作品に心を揺さぶられます。

そしてもうひとつの楽しみ方をご紹介。
この施設の入り口から
IMG_2584.JPG

カフェコーナー(2020年9月12日時点ではカフェ営業停止中…)の前を通り…
119228004_2496232643854681_4545664056153755605_n.jpg

小さな美術館へたどりつくまで…
119064676_4418921584816579_6548559468520990541_n.jpg

素晴らしい庭散策を楽しむことができます。
IMG_2278.JPG

IMG_2286.JPG

IMG_2529.JPG

IMG_2538.JPG

IMG_2517.JPG

活汲アール・ブリュット美術館 (5).jpg

活汲アール・ブリュット美術館 (4).jpg

活汲アール・ブリュット美術館 (7).jpg
とにかく広いお庭!
ちょっとおしゃれしてきて写真撮りたくなるポイントがたくさんあります



私たち、2020年9月12日に何の確認もなしに訪れましたが、コロナの影響でずっと閉館していて9月6日より開館していたそうです。

活汲アール・ブリュット美術館 (1).JPG

館長である岡久さん。
夢があってこの施設を作り上げたのだけどコロナ禍では仕方ない…と落ち着くまでの閉館を決め、気を紛らわすかのように本を読み続けていたところ体調を崩したそうです。

IMG_2459.JPG

「気になっていることを中断してはいけない。」と気づき、コロナ禍だとあきらめるのではなく、できる限りのことをやっていこうと決意あらたにスタートしたタイミングで私たちお邪魔しました。

もともと設計士であるという岡久さん。
「庭のコンテストに出す意気込みで、庭から作り上げました」と目をキラキラさせて説明してくださいました。
IMG_2581.JPG

そして普段は予約があって使用される予定がない限り開放していない敷地にある美術館以外の建物内部も見せてくださいました。

119094551_416427306006272_8592781203952764147_n.png

ミーティングや趣味の集まりなどに適した「談話室」
IMG_2198.JPG

IMG_2212.JPG

燦燦と差し込む陽射しの中でミニライブもできちゃう「センターハウス」
119231874_623807651668285_3863227731353526298_n (1).jpg

ここは地域住民の交流を目的として作られた場所でもあるのですね。
他地域の方の使用も大歓迎とのこと。
お気軽にお問合せくださいとのことでした
090-8427-1418(代表・岡久実さん番号)


小さな美術館には、岡久さんの大きな夢がこめられている。
119433611_1028808560905620_2974095043558760854_n.jpg
それを感じたときに、庭全体がさらにきらめいて気持ちが癒される場所でした

IMG_2559.JPG




よろしければ「道東情報」バナーを1日一回応援ぽちっと💛 
オホーツクからも日本を元気に!!北見7(セブン)メンバー、やる気満々はりきります。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 道東情報へ
にほんブログ村

この記事へのコメント