サンゴ草が綺麗、鮭釣りシーズン始まる

こんにちは 日曜日担当のシゲ君です
9月に成れば30℃越えの気温もお産ると思いきや
連日30℃もしくは30℃に迫る気温が続いている北見市
この気温じゃあ秋も送れるかと思いましたが
確実に秋は始まっています

能取湖のサンゴ草が色付き 朱色の色合いがとても綺麗です
IMG_2914rs.jpg
今年は人が極端に少ない コロナの影響でしょう。

IMG_2927rs.jpg
ほぼ貸し切り状態

IMG_2959rs.jpg
サンゴ草の向こうは能取湖(汽水湖)

IMG_2942rs.jpg


IMG_2930r.JPG
今年はコロナの影響で外国人観光客が居なくてほぼ貸し切りの状態での撮影でした
本来の姿では有りませんので コロナが落ち着いて観光客が戻る事を願います。

9月は鮭釣りシーズ開始 オホーツク沿岸の規制の無い場所での鮭釣りが始まり
それぞれの場所は釣り客でにぎわっていますDSCF2479s.jpg
この場所は能取湖の河口 
テトラポットの上に載って竿を振る少し危険な場所 結構な人が居ます

DSCF2519s.jpg
この場所は網走の二つ岩海岸 遠浅の海岸を回遊する鮭が狙い
遠くに知床連山を眺め釣りを楽しむのも良いでしょう

DSCF2522s.jpg
群れが来ないとアタリは無い 当たりハズレも自然を相手にするので仕方ない

DSCF2505s.jpg
この方はマイボートで鮭が居る場所まで行って竿を振る
鮭に近い場所まで行けるのでより積極的な釣りと言えます


DSCF2529s.jpg
此方の釣りは海岸から餌を付けた仕掛けを何本もポイントに遠投して
鮭が掛かるのを待つ釣り 殆どがこの釣りでこの時期のオホーツク沿岸は
竿が沢山立っている

DSCF2533s.jpg
竿同士の間隔は3m程空いていますが横から撮ると集中している様に見える

DSCF4447s.JPG
鮭釣りはアタリハズレの多い釣りでして 夜明け前から現場に出向いても
アタリも無く 1本も釣れない事もある
また遅れて行っても爆釣なんて事も有ります
70cm~80cmオーバーで重量も6kgを越える物も釣り上げる
事が出来る鮭釣り 嵌まりますよ

2020年シーズンも始まっていますので
来週には出撃したいと思うしげ君でした

また来週!!




この記事へのコメント