令和元年振り返る。平成を迎える時、自分は中学3年生だった。

46602.jpg

皆さんこんにちは、ピエです。

令和元年ももうすぐ終わりますが、皆さんにとって新しい時代の始まり、どんな年でしたでしょうか??

自分が新しい時代を迎えるのは2回目ですね。

平成を迎える時、自分は中学3年生だったと思います。

昭和から平成になる時、自分が感じたのは。

うん、やっぱり自由ってのが大事なんだろうな。

って事でした。


連日目にするニュースはベルリンの壁崩壊、ソ連の崩壊、ユーゴスラビア解体、ルーマニアでのチャウシェスクの処刑、天安門事件。

世界が自由を求めて大暴れしていました。



日本はというと、それまで浮かれていたバブルが崩壊。

お立ち台で大暴れしてしていたパーティーピーポー達はなりを潜め、僕たちが初めて経験するであろう不景気に向かっていった時代でした。


金に振り回されず目に見えるもので着実に生きるべきなんだなぁなんて、感じながらも中学生の僕は将来の夢がありました。

それは

飲み屋をやりたい!!

って漠然としたした夢でした。

46601.jpg

トムクルーズのカクテルを観て『うん、俺の生き方はこれだ!!』と思ったのでした。



一つ夢を決めると人生楽チンなもので、やらなくて良いものはやる必要が無くなります。

46603.jpg

飲み屋やるのに微分積分は要らないし、大学に行く必要もないもね。

46600.jpg

音楽を聴いたり、音楽の知識を深めたり、好きな事を突き詰めた方が将来、店のマスターになるには役に立つし。
46599.jpg

46598.jpg
余り語ると長くなりそうなのでこの辺で、、



そんなわけで平成年間の間にその時の夢は叶って、今、こうしてサイケとピリカとお店をやらせていただいてます。

2003年11月オープン「カフェバー サイケデリック」(北海道北見市)
46596.jpg

2019年6月オープン「知床酒場 ピリカデリック」(北海道斜里郡斜里町ウトロ東220
46597.jpg

そして新しい時代、令和の夢は、
北海道の素晴らしい自然を世界、日本、
多くの人に紹介する事。

道東の魅力を沢山の人に知ってもらい、沢山の人がこの地に来てくれるように。

それが長い目で見た時にこの地域の為になるような仕事をしたいと思います!


知床へ行く季節になるまで普段はサイケデリックのマスター業のみですけど、定休日の月曜日でよろしければ、ご希望の場所のガイドもいたします。


この記事へのコメント