冬の訪れを告げるサンピラー出現

こんにちは
日曜日担当のしげくんです
11月も後半になり最低気温がー9℃にも成る日も有りました
寒い日が続いた11月21日の朝 太陽の上に光の柱が現れたのでした
いわゆるサンピラー(太陽柱)は空気中の氷の結晶に太陽光が
反射して光の柱の様に見える大気光学現象で条件が揃えば
冬で無くても出現しますが冬に観られる事が多いです

それではサンピラーが現わる様子を順にご覧下さい

IMG_8474rs.jpg
連日朝陽を自宅前から撮影していると薄っすらと光の柱が眺められる

IMG_8478rs.jpg
光の柱の明るさが増していく日の出はもう直ぐ

IMG_8486rs.jpg
太陽が向かいの山から昇り始める

IMG_8497rs.jpg
眩しい太陽のお出まし

IMG_8504rs.jpg
太陽が昇ってもサンピラーは消えない
冷え込んだ風の無い朝はサンピラーが発生する確率が高いので見逃せません

IMG_8438r.JPG
実は21日の午前0時過ぎの月明かりが縦に伸びていました
いわゆるムーンピラーです
夜の段階から朝にはサンピラーが出現する条件が揃っていた事に判ります

冬はサンピラーやムーンピラー、ライトピラー等様々な
大気光学現象が出現しますので撮影しましたら紹介いたします
以上寒さに負けずに撮影に励むしげくんがお届けしました
また来週!!

この記事へのコメント