ガイドと行くのがおすすめ!【知床散策】ピエさん、元気でしたo(^▽^)o

20190730シカの親子.JPG

「おっ!と、ほっ!と、来てみてもっと!オホーツク田舎ブログ」土曜日担当れいれいです

今週は、「知床歩くなら、ガイドと一緒がおすすめ~というお話です


7月30日、ガイドさんお願いして知床散策してきました

そのガイドさんは…このブログの火曜日担当であるピエさんです
(ピエさんは、下の写真の右から2番目)

20190730知床自然センター.JPG
7月の知床ガイドはひっぱりだこだし、夜はカフェバー経営しているピエさんなので、忙しくてブログ記事更新お休みしているけど、8月に入ったら落ち着く予定なのでまた記事書くよ~ってことでした

ピエさん、北見市で15年カフェバーを経営してきたのですけど、知床のガイドの仕事もやりたい!ってずーっと思っていたそうです。

帯広市出身のピエさんが北見市に住むようになったのは、北見が山に囲まれていて、知床にも近いからだったんですって。
山が大好きだったんですね~。

そんなピエさんの流れがさらっと書いてある過去記事はコチラ。
本拠地は奥さんや娘さんがいる北見市、ピエさんだけ夏の間は知床という二拠点生活。
住むところにとらわれず、夢を追い続けるピエさん話に関心がありましたら読んでみてくださいませ



そして私ですが…

私はひどい運動音痴だし、舗装された道路大好きだし、舗装されていても下り坂で転ぶ確率高いし、歩き出す前に転んで両膝から流血したことあるし、アウトドアとは無縁のタイプ。
人一倍刺されやすいから虫がイヤだし、クマが出たら怖いし、景色の良いところへ車でぱーっとでかけてぱーっと写真撮って撤収~というのは大好きだけど、北海道の舗装じゃない道の自然の中を長時間歩くなんて遠慮したい

でも去年、知床ガイドデビューしたピエさんに、
「一度は来てよね~
と誘われ、ま、まあ、ブログ仲間だし一度は付き合うか…というか、友達連れて行って差し出して?
私はゴールで待っていようなんてずるいこと考えていたけど、知床五湖めぐりに駆り出され。

どうなることかと思ったけど、ピエさんのフォローでなんとか知床五湖めぐりできて、

すごい達成感


あくまで「自然の中を歩く」ってことに、はまりはしなかったけど!を強調したうえで、
「ガイドさんと歩く」ことにはまったことをご報告


もちろん、ガイド無しで楽しまれる方が多いですけど、私みたいなタイプはガイドさんいないと知床の自然の中を歩くなんて、怖いし、疲れることしか頭に浮かばなくてやらないだろうな~って思います。

クマにあったらどうするかという知識はもちろん、その前にクマに出会わないためのアプローチもしっかり勉強したというので、ピエさんに命預けて、今年も2時間ほど知床歩いてきました


「これ、クマの爪痕ですよ~

IMG_9761.JPG

「ここは、クマの冬眠の穴だったところなんです。」

IMG_9760.JPG

などなど、いろいろ知床事情を話してくれるから楽しく歩けるんです

雨が降った時のための準備や、万が一ケガしたときの準備などもピエさんのリュックに入っているから安心だし

何より、希望や体力に合わせたコースを選んでくれるところも嬉しい

たしかに今年の「男の涙コース」は、去年の「知床五湖コース」より歩きが楽だわ~、トトロが出てきそうな森の散歩~と楽観していたら…

IMG_9762.JPG

ちょちょちょ、ピエさん、急に目の前が開けたけど、どこ行くの????

IMG_9763.JPG

え。
ええええ。

IMG_9766.JPG

このときのツアー参加者は7人だったかな??

私以外の人は、

「わ~!絶景!きれい!!」

IMG_9807.JPG
大絶賛していたけど、私は下を見たら怖くて仕方なかった~


写真じゃ表現しきれていないけど、知床の岸壁みたいなところよ???
ちょっと転がったら、下まで滑落よ???(そう思っているの私だけ???)

67787251_960077257667921_1810744360724070400_n.jpg
上の写真は、一緒に参加した方からいただいた写真。
オレンジのリュックしょってるのが私…
その先へ行くともっと良い景色が見られるよって言われたけど、私はここが限界!!

2時間事件ものドラマをよく見ていた頃に、

「…どうして犯人って、こんな場所で打ち明け話するのかな~…
しかも隠れて話を聞いている人もいるってパターン多いよな~…
刑事さんもこんなとこまで来るなんて、大変だべさ~
ま、ロケ地の観光案内サービスよね~
なんて思っていたような場所ですわよっ

IMG_9746.JPG

今回目指したのは、上の写真のほぼ中央あたりにある「男の涙(湯の華の滝)」という地点。
簡略した絵でも、崖になっているじゃないかああ。。。。

一緒に参加した友達は、平気な感じで双眼鏡のぞいていたり、写真撮ったりしていたけど、私はその様子を見ただけでぞわぞわっ

IMG_9792.JPG

いたずらに背中をポンと押したくもならなかったわ~
(いやいや押さんでもいいんだって、大人なんだから)と、怖さを紛らわすために心の中で一人ボケ突っ込み
IMG_9790.JPG

でも、そんなときでもガイドさんがいて助かった。
私のカメラで写真を撮ってもらえたし

IMG_9777.JPG

「男の涙」は、知床八景に入っていないほど小さな滝なのですけど、男だからわんわん泣かないってことでついた名前らしいよ~
なんて、ガイドさんのうんちく話も、少し気が紛れたし。

何より、こんな機会でもない限り、こんなとこ歩かないよぉ~ってところを歩いて無事帰ってきた達成感がいい

IMG_9797.JPG

ということで、非日常に楽しく安心プラスして知床散策したい方は、ガイドさん頼むって手もあるよ~ってお話でした

IMG_9823.JPG
私、笑っているけどこのときだけの必死な作り笑いです~



よろしければ「道東情報」バナーを1日一回応援ぽちっと💛 
オホーツクからも日本を元気に!!北見7(セブン)メンバー、やる気満々はりきります。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 道東情報へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

  • mayu

    知床の景色は、クルーザーから観ていたんですよ。
    こんな素晴らしい絶景なんですね✨✨

    ・・・・が、私もれいれいさん寄りで( ̄▽ ̄;)
    脚立に乗るのも苦手な高所恐怖症なもので、絶壁を
    眺める自信はちょっと( ̄~ ̄;)
    ホント、ドラマって佳境に入ると、こういうとこで
    打ち明け話しますよね(笑)
    知床の雄大な自然を感じられる良い経験でしたね✨✨

    知床散策するならクマが冬眠してる冬に💤
    と思ってましたが、ピエさんにガイドしていただけるなら
    夏にチャレンジ?してみたくなりました(・▽・)
    2019年08月10日 15:49
  • オホーツク田舎ブログ 7人の精鋭達

    ★ mayuさんへ ★
    お返事遅くなっちゃいましてごめんなさい( ̄▽ ̄;)

    そうそう、クルーザーとか、観光船から見るのがスタンダードな場所ですよね~(o ̄∇ ̄)o
    この日は、少しかすんだ空でしたが、怖かったけど絶景だと思ったし、これで真っ青な空だったらすごい絶景だな~って思います。
    こんな命がけ??な道、ガイドさんいなかったら絶対来なかったですわ…ということで、結果オーライですo(^▽^)o

    脚立、わかります~。
    友達の部屋のロフトのはしごでさえ怖かったし、落ちたことあるし。
    下りに弱い。
    ぷぷぷ♪
    こういうとこで打ち明け話、わかってくれて嬉しいヾ(≧∀≦*)ノ〃
    実際来てみると「なぜこんな大変な場所で??」ですけど、絵になるんでしょうね~ヾ(≧∀≦*)ノ〃

    ピエさんガイド、無理なく楽しくなのでおススメですよ~o(〃^▽^〃)o
    2019年08月14日 11:02